ソースプログラムとの出会い

ここで僕自身の体験談を書かせてください。

多くの方がそうであるように、
以前は僕も自分が何をすればいいのか分からず、
悩んでいた時期がありました。
動物5B.jpg動物6B.jpg
そんな僕がどのように好きな事を仕事にしていったのか?
その中でソースが果たした役割とは?

ということについての回想録です。

ここからは大変長くなりますので、
お時間のある時にお読みいただければと思います。

この話がなにかのヒントになればこんなに嬉しい事はありません。
゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。..。.:*:

僕の実家はおじいさんの代からのお寿司屋さんです。

父の代で数件のお店を出すようになったので、
僕は兄と共同で店長兼各店の管理をしていました。

ですが、この仕事にはあまり積極的についた訳ではありませんでした。
20才頃の僕はTVのナレーションや朗読等の仕事に憧れがあり、
東京のアナウンサー養成専門学校に通っていました。

ですが持ち前の意思の弱さとなまけ心から、
学校も休みがちになり、結局夢を途中で投げ出して
地元へ帰ってきてしまったのでした。


お恥ずかしい話なのですが、
夢が叶わずあきらめるどころか、それ以前の問題。
チャレンジする前に投げてしまったのです。

そんな自分の意志の弱さ、ダメさ加減に
「自分はなんてダメな人間なんだろう・・・。
 自分の好きな事ですら、こんな中途半端な事をやって・・。
 こんな人間が夢とか希望なんて持つもんじゃない・・・。
 おこがましすぎる・・・。」

と、我ながら自分にほとほと愛想がつきていました。
月3B.jpg和風1B.jpg

そんな中、父親から
「こんど店を出す事になったから、
 帰って来るならやってみるか?」
という誘いを受けました。

その時の僕の気持ちは、
「どうせやりたい事をやっても、投げ出すような人間なんだから
 仕事なんかなんでもいいや。」
というもので、大変後ろ向きな理由で父の申し出を受けたのでした。
今思えば、父には本当に申し訳なかったと思います(-_-;)

そんな気持ちで就いた仕事でしたが、根は真面目なところがあるので、
仕事を始めれば、一生懸命にやりましたし、
それなりに業績も上げてきました。

ですが、どんなに結果をだしても、
お客様に感謝されてもあまり嬉しいとは感じませんでした。


常に心の中では
「ここは自分がいる場所じゃない。でも割り切らなきゃ・・」
という葛藤があったのです。

本当は自分をダメ人間だと思いたくない、
夢を持って好きなことをして生きたい、
という感情があったんでしょうね。

そんな葛藤を10年以上続けた後、
僕の人生の転換期を迎えることになります。

「幸せな小金持ちシリーズ」で有名な本田 健さんの
「大好きなことをしてお金持ちになる」
という一冊の本との出会いでした。


内容は本をお読みいただくとして、
この本を読んだ時、今まで押さえつけてきた感情が一気に溢れてきた事を、
今でも覚えています。

「大好きな事を仕事にしてもいいんだ」
「こんな自分でも幸せになっていいんだ」


そんな風に思いました。

その後様々なビジネスや自己啓発本を読み漁り、セミナーに出かけ、
仕事と平行して進められるネットショップを立ち上げる事にしました。

もともと動物好きだったこともあり、
オリジナルのペットグッズを作って売り始めたのです。

最初は結構順調にいきました。
お客様からも
「こんな可愛いグッズ見たことない〜♪」
「可愛くて使えるね〜☆」
と言っていただきましたし、
最初の商品は、まだ現物が届いていないのにもかかわらず、
たくさんのご予約をいただきました。

メチャメチャ嬉しかったですね\(∇⌒\)
これが大好きな事をした時の力かぁ〜と思いました。
仕事1B.jpg動物3B.jpg

ですが、最初の内は上手く行ったのですが、
続けていくうちにいろいろと問題が起きてきました。

実はその頃、本職の拘束時間がだいたい一日15時間くらいありました。
朝7時に家を出て、帰りが22時くらい。

食事とお風呂をすませたら、ネットショップの商品の発送作業。
さらに毎日ネットショップのブログも書いていました。

週に一度の休みは新商品の企画やHPの手直し、商品のアイデア探しなど。

本業の繁忙期ともなれば、2〜3週間休みなしで働く事もざらにありましたので、
ネットショップを立ち上げた年は、
今考えても1日しか休んだ記憶がありません。
一年に364日、ほぼ休み無しで働いている感じでした。
そんな生活をずっと続けていたのです。

それだけしていても売り上げはイマイチ伸びていきませんでした。
とても本業としてやっていけるだけの売り上げにはならなかったのです。

いつしか、大好きだから楽しいからという理由で始めたはずなのに、
それが大きな負担になっていました。


「大好きなことをすれば幸せになれるんじゃないのか・・・。」
「大好きなことをしているのに、どうしてこんなに辛いんだろう・・・。」
「こんなに辛いなんて、これは好きなことじゃなかったのかな・・・。」

自分の中で疑問と不安が堂々巡りをして、どんどん大きくなっていきました。
この時期は精神的にも肉体的にも疲れ果てていたと思います。

そんな時、某SNSでソーストレーナーをされている方の日記を読みました。
その方はソースプログラムを受講して自分の中の「海」に対するワクワクに気づき、スキューバダイビングのインストラクターに転職されたということでした。

これを読んで、
「これなら本当に自分が大好きなことが分かるかもしれない。」
と思い、さっそくネットでもっとも早く開催されるソースワークショップを探し、
受講することにしました。

ソースについてほとんど何も知らない状態で申し込んだので、
とりあえず本を読んでおこうと思い取り寄せました。

そして迎えたソースベーシックワークショップ。

ソースの考え方、生き方は自分にとってあまりにも衝撃的でした。
特に僕にとっては「バランス」という考え方が重要でした。

ソースではワクワクすることを発見するだけではなく、
ワクワクする事すべてに同じだけの情熱をかたむけよう
と言っています。
そうしないと人生のバランスが崩れてしまうと。

この考え方を知った時、すべてに納得できたのです。

たしかにペットグッズを作ることは大好きなことでした。
それは間違ってはいなかったんです。
でも、それをするために僕は他の一切を捨てていました。

僕は歴史小説が大好きなのですが、
ネットショップを始めてから一切読んでいませんでした。
車で出かけるのも好きですが、通勤以外ではほとんど乗らなくなりました。
カミさんと一緒にいる時間も減りました。

すべてを捨てて仕事に打ち込んだ結果、
人生のバランスを崩してしまっていた
んですね。

ワークショップで自分だけのワクワクの地図が完成した後、
まずはこのワクワクをすべて実行してみようと思いました。

本業の時間は減らせなかったので、
ネットショップの負担を減らす事にしました。

ブログの更新頻度を落として、新商品の開発ペースも落としました。

その分できた時間で、本を読んだり、
カミさんとペットと車で出かけたりしました。
フェレット1.jpg二人HP用.jpg居合2.JPG

改めて気づいたワクワクのなかに、
「人に語る」というものがあったので、
機会をみつけては自分の考えややりたい事を人に語っていました。

この頃の話で、今でも強く印象に残っているエピソードがあります。

このソースというプログラムを自分のように人生に迷っている人に知って欲しい!
人に語るというワクワク通じて誰かの力になりたい!という想いから、
ソーストレーナーの資格を取る事にしました。

ちょうど同じ頃、友人が和風カフェをオープンするというので、
開店祝いに行ってきました。

その時に
「ここの二階が20人くらい入れる広間になってるから、
 そこでセミナーとか勉強会とかして、
 地域のコミュニティスペースにしたいんだ♪」
と友人が言い出すではありませんか!

すぐに
「今、ソーストレーナー資格を取りに行ってるんだけど、
 取ったらココでソース体験会をやらせてもらえないかな?」
とお願いすると、
「うん!いいよ!やってやって!」と、すぐに話がまとまりました。

なんとトレーナーになる前から開催場所が決まってしまったのです。

またトレーナーになってすぐの事。
トレーナーにはなってみたものの、大勢の前で話すことに慣れていなかったので、
一度練習しておきたいなぁと考えていました。

すると友人から一通のメールが。
「今度、セミナー講師や人前でスピーチする人向けに、
 言葉Barっていうスピーチ練習会をやるんだけど来ない?」
とお誘いを受けました!

願ったり叶ったりのお誘いに、すぐに参加の返事を送りました。

そして日程も決まり、ソース体験会の告知をすると、
初めてのセミナー開催にもかかわらず、
20名以上の方にお申し込みいただけました。

ワクワクをすべて実行した時の引き寄せのすごさを実感しました。なによりも、やっていて楽しいし辛くないんですよね。

それからは不思議と色々なお誘いを受けるようになりました。

「ソースの体験会を大阪でやってみませんか?」
「人数を集めますから福岡へ来てワークショップをやってもらえませんか?」
「うちの会社でソースプログラムを取り入れたいんですが・・・」
「東京で心理学のお話をしてみませんか?」
「台湾在住ですが、今度日本に戻った時にヒプノをしてもらえませんか?」等など。

そして今では「仲間」や「信念を持って生きる」「自分を高める」など
その他のワクワクも活かして、
ソース・ヒプノ等のセミナーや個人セッションを行う
セラピールーム「fromHEART」を独立して運営するに至りました。

いきなりすべてが上手くいった訳ではありません。
ですがワクワクすることを続けていくうちに
だんだんと望む方向へと進んで行ったのです。
講座3.JPG講座2.JPG

振り返ってみると、ソース受講後僕が最初にしたことは、
「マイナスになっているものを止める」
「ささいな事でいいからワクワクを行動に移す」

の二点だけでした。

最初は誰でもそんなに大きな事はできません。
でも「勇気ある小さな一歩」と「継続する力」が、
望む未来を引き寄せるんだ
と改めて感じます。

あなたにできる小さな一歩、踏み出してください。
あなただけの素敵な未来がてぐすね引いて待っていますよ☆

お申し込みはここをクリック!

ソースとの出会い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。